メーカーよりも料金が安い

時計を長期間にわたって愛用するためには、定期的なメンテナンスが必要です。高級時計であれば、愛着も湧きやすくなり、大事にしたくなるものですよね。外装の掃除くらいなら自分でもできますが、内部のパーツのメンテナンスとなると、素人には難しいものがあります。時計のメンテナンスを依頼するときに気になるのが料金ではないでしょうか。頻繁にメンテナンスをするとなれば、コストパフォーマンスにも気を配りたいものです。修理店のメンテナンスは、メーカーよりも料金が安いことが多くあります。メーカーの修理だとモデルごとに料金区分が設定されていることが多いですが、修理店だとメンテナンスの難易度で分けられていることも珍しくありません。簡単なメンテナンスであれば、メーカーよりも費用を抑えることが可能です。

メンテナンスの柔軟性が高い

基本的にメーカーの修理・メンテナンスは、一定の基準が設けられています。基準内であれば問題ありませんが、基準から外れていた場合、対応不可となる可能性があります。高級時計であっても例外ではなく、状態によっては門前払いされることもあるのです。修理店の場合は、メーカーが設定した基準に縛られる必要がないため、柔軟に対応してもらうことができます。一部の傷は記念だから残してほしい、味があるから汚れは落とさないで!といった要望にも対応してくれる修理店もあります。また、生産が停止されているパーツの在庫を持っていることもあるため、古い時計のメンテナンスを依頼できることも多いです。メーカーが対応できないモデルであっても、修理店ならば持ち込むことができます。