技術力がそれぞれ異なる

メーカーのメンテナンスを利用すれば、担当してくれるスタッフの技術力は一定以上あることは確実です。技術力が一定以下の方は現場の仕事を任せられることはないからです。しかし、時計修理店は、その『一定』という縛りがないため、担当してくれるスタッフの技術力はさまざまです。メーカーよりもうまい人もいれば、下手な人もいるので気をつけなければいけません。下手な人に当たってしまうと、預けた腕時計が調子の悪いまま返却される可能性もあります。従って、高級時計のメンテナンスのために時計修理店を利用する場合は、スタッフの技術力を見極めるようにしましょう。お店の口コミやレビューをリサーチしてみれば、大凡の技術力を判断できます。

正規品を使って修理してもらえないことも

メンテナンスで不具合や故障箇所が見つかった場合は、修理として、その箇所のパーツを取り換えてもらうことになります。メーカーの場合は正規品のパーツを使いますが、時計修理店の場合は代替品を利用するケースがあるので気をつけましょう。もちろん、規格が完璧にあった代替品を利用するため、腕時計としての動きにはまったく影響はありません。しかし、せっかく購入した高級時計に、代替品を組み込まれるのが嫌な方もいるでしょう。もしも、時計修理店でも正規品のパーツを使ってメンテナンスして欲しいときは、事前に確認しておく必要があります。どのようなパーツを使って修理を行うのか聞けば、ハッキリと教えてもらえるので確認してみましょう。