メンテナンス費用が高いケースが多い

時計メーカーにメンテナンスを依頼すると、正規品を使用しながらメンテナンスを行ってくれるので部品に関する不安を抱えずに済みます。しかし、時計メーカーのメンテナンス費用は高額になるケースが多いというデメリットを持っています。特に海外メーカーが販売している高級時計の場合は、輸送の関係があるので国内メーカーの高級時計のメンテナンス費用よりも高額になる傾向が強いです。高級時計を販売しているメーカーには専属技師がいることが多いでしょう。その専属技師がメンテナンスを行うので、その分メンテナンス費用が高くなっていると考えられます。高級時計を販売しているメーカーは設備投資にも資金を使っているので、高額な設備を使用していることも多いです。その高額な設備を使ったメンテナンスには高額な費用が必要になるでしょう。

海外メーカーの場合はメンテナンス期間も長い

時計修理店にメンテナンスを依頼した場合は即日返品されることも珍しくありません。時間がかかっても1日から2日程度で時計を返してもらえることがほとんどです。しかし、時計メーカーにメンテナンスを依頼する場合はメーカーへの時計の発送が必要になり、商品が到着したら何日もかけてメンテナンスを行うことが多いです。そこから返品にも運送が関わってくるので、どうしてもメンテナンスの期間が長くなります。すぐに時計を使いたい人にとっては期間の長さがデメリットとなるでしょう。海外メーカーの高級時計を使っていて時計メーカーにメンテナンスを依頼する場合は、輸送の時間も影響してきます。そのため国産メーカーの高級時計よりもメンテナンス期間が長くなることが多いです。